2011年11月27日

原始力にもどせ

もんじゅとは・・ 

 商業用原発の使用済み核燃料(核のごみ)
から取り出したプルトニウムとウランを
燃料にする国内唯一の高速増殖原型炉。

発電の過程で消費した以上の燃料を取り出して使うため
「夢の原子炉」とも呼ばれる。

放射性廃棄物(核のごみ)が低減されるとして、
国の核燃料サイクル政策の中核に位置付けられてきた。

冷却に使うナトリウムは空気や水に触れると
激しく反応するため扱いが難しく、
1995年に火災事故を起こした。

国は2025年ごろに実証炉、
50年までに実用炉を開発する計画を掲げている。

だが・・・

細野豪志原発事故担当相は26日、高速増殖原型炉「もんじゅ」
(福井県敦賀市)について「一つの曲がり角に来ている。
何らかの判断を来年はしなければならない」と述べ、
内閣府の原子力委員会が来夏をめどに進めている
原子力政策大綱の改定作業で、廃炉を含めた抜本的な見直しが必要との考えを示した。
視察先の福井県で記者団に語った。(ニュースより)

建設コストに一兆円、
土地収用代、周辺対策費に一兆二〇〇〇億円。

トータル二兆二千億円です。

それに維持費に一九九五年以来、毎年五〇〇億円ずつ垂れ流してきたのです。

これじゃー
消費税をいくら上げたって
この国はまかなえないのでは?

国民の問題として、年金などの厚生部分の
予算が厳しい現状とあるが、

夢の国益を進めるより、

現実の国民の利のために

原子力開発予算を利用したほうが
よいのではないでしょうか?

原始力に戻してはいかがでしょうか?
ラベル:原子力 八戸市
posted by T-STUDIO at 08:20| 青森 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

MADE IN NIPPON


日本人の精巧
私たちの身の周りには
ものがありふれているわけですが、
そのほとんどといってよいほど
外国製の製品であります。


MADE IN JAPAN・・・

世界の市場として競争力をもつため
メーカーは人件費、部品調達でさらなる費用対効果が
望める海外へ製造を求める。そして、技術が国外へ持ち出される
事となります。

私が小さいころは、職人が今より輝いていたような
イメージがあります。
そして、MADE IN JAPANの品質に
プライドを持ち世界トップブランドとして
堂々たるポジショニングを維持してきました。

ソニーは

高い創造性と技術力で

目新しい商品を次々と発表し、

会社設立趣意書にある

真面目ナル技術者ノ技能ヲ最高度ニ発揮セシムベキ

自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設


シチズンは、


地元の時計産業存続のため、
有志が奔走。
数十名の職人を中心に、
飯田出張所として新たなスタートを切る
農村に精密機械工業を導入することで、
敗戦後の生活レベルを向上させ、
平和で豊かな「東洋のスイス」を作ろうとする
思想家、賀川豊彦の精神を
敬仰(けいぎょう)したものである。

日本の企業は
再度、起業精神を再確認するべきであります。
ラベル:日本
posted by T-STUDIO at 07:33| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

生き方として

男の生き方として

まだまだ

先輩方の

足元にも及ばない。

だが、

若さ・勇気・体力

をもって、

たとえ艱難辛苦の上

道に迷ったとしても

自分の進む道を

一歩ずつ踏みしめて

歩きたい。


posted by T-STUDIO at 21:53| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。