2011年11月22日

ウチの子供たち

スーパーでの買い物時

ほんとにまいった。たらーっ(汗)
野菜が買えない。

あまり考えすぎだとは思うが、
ほんとにまいった。

うちの子供たちは、6才女・3才男・0才男の
3人兄弟である。

放射能の暫定基準値の程度の問題である。

さすがに福島産の野菜はなかったが、
栃木産の野菜が多すぎる。
しかも、かなりの暴落した値段で置いてある。

風評は良くないと解りながらも、買えないのであります。

私は、日本政府の震災における事後処理の不始末さをみてしまった
今は、100%信じておりません。

暫定基準値など設けること自体馬鹿げているのに、
いまだかつてきちんと管理ができないずさんさに
日本国民として腹ただしく、怒りをも抱きます。

安全とうたうなら、政治家自ら、孫や子供に
安全という暫定基準値が低い野菜をまず食べていただきたい。

何日も、何日も。

本来、東北、北関東周辺は農業が盛んであります。

この地域の農家はこの先どうすればいいのでしょうか?

民主党に属する方々だけでなく、仕入れた販売小売店も

責任を持ってメディアの前で自分の子供に食べていただきたい


ラベル:八戸市
posted by T-STUDIO at 21:39| 青森 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウム裁判終結

オウム真理教

久々に聞いた名前であります。

今でも記憶にありますのが、
山梨県西八代郡上九一色村にありました
サティアンと呼ばれるオウム真理教の
活動拠点であります。

地下鉄サリン事件
当時、大学3年生の私にとってこれだけインパクトのある
事件は他に見当たりません。

私は通学で地下鉄都営新宿線を利用していたため
もしかしたら巻き込まれていたかもしれない。
と思うと今でもぞっといたします。

部活動の合宿もこの上九一色村で行っていたため
後日改めて友人と訪問しました。

サティアン近くには検問が設けられ
興味本位で建物に近づく事は
禁じられて、せいぜい見えるか見えないかぐらいまでしか
近づけなかったと記憶しております。

後であの麻原が第六サティアンに隠れていた、
逮捕に至るまでのテレビ生中継は
生々しく覚えている。

また、青山総本部にも自転車で見学に行きました。

あれから16年の年月がたち
原発事故。
ある意味サリンより危険な放射能を使用した
東電(国?)によるテロリズムなのかもしれない。

放射能汚染の脅威におびえながら電気を使う利便性 と 
新しい価値観のもと、原子力を使わない発電からの利用。
はたして人間の天秤はどちらに
傾くのだろう?





ラベル:八戸市
posted by T-STUDIO at 06:12| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。