2011年12月15日

セックスレス加速?

セックス…

男女の営み…

神様が人間に与えた

最大の責務であります。

責務を果たすのだから

快感というご褒美を預かれる。


草食系というカテゴリーにある人間が

この責務を果たさないのであれば
草食.jpg


人間社会にとって非常に深刻な問題だ。



人類が存続していく中で、子供が少ない

ということは絶滅の前兆である

これだけ厄介なことはない。


男なら、好みの女性がいたら

仲良くなりたいと考えるのが

当たり前である。


恋愛やセックスに関心を持たない

興味がないことは、

自分の人生に、興味がない・感心がない

と自己アピールしているのと同じ事ではないか。


そして、自分の人生形成に興味がないということは

あなた自身誰からも興味を持たれない、

関心も持たれない人間になってしまう。

そして、社会から見放されてしまうかもしれない。


もし、草食系人間が妄想、擬似恋愛に没頭して

現実を見れないのであるならば、

完全なる精神異常ではないのか?

草食1.jpg
おれって、草食系だからー。

そういうのって苦手なんだよねー。

つうかー、こっくって嫌われるの嫌だしー

だったら最初から妄想の世界にひたってたほうが

気が楽ってかんじー。

AVとかーリアルなやつはマジキモいしー

まー、二次元の方が清潔感あるからさー。

会いたいときにいつでも会えるから

寂しさ感じないからさー

親とか彼女ぐらいつくれって口うるさいけど

別にSEXの仕方おしえてくれるわけじゃないし

約にたたなくねー・・・・・・・


これじゃー一人前にはなれないよね。












posted by T-STUDIO at 20:34| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

今年の漢字は 絆(きずな)に決定


なんと響きのいい言葉だろう

意味として

人と人との結びつきであります。


震災後の東北はこの一言のもと

団結しました。


ただ、有事の時だけの絆にしてはいけません。

これを機に各自治体、もっとマクロな町内会、会社、家庭

の絆を今まで以上の太い線で結ぶ意識づけを

いきましょう。


ただし、絆という言葉を利用し、

利権を狙う人がいることを警戒しなければ

いけません。


特に企業はイメージアップ

ブランドアップのため

見た目以上の過剰広告を打ちます。


犬が出てくるCMに

絆という言葉がそのうち使われるかも?

・・・ 彩、絆だよ。人々に足りないのは絆だよ。

   みんなの絆を無料に。絆プラン誕生!・・・

なんて、CM作ったりして‥・







posted by T-STUDIO at 06:32| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

携帯電話は本当に必要か? 本当に携帯電話は必要か?

あー。

あーー。

あーーー。

携帯電話を使いこなせない…。あーどうでも良いことだが。


38になるオヤジの悩みであります。

今や一人一台の時代、この携帯電話は

コミュニティ最大のツールであります。


皆さんはこの携帯電話をきちんと使いこなせていますか?

若い方々は、よくもまあ携帯電話をいじくり回す。

何時間も、よくもまあ、飽きないのかと。

最近の携帯はほとんどの機種にゲームが入っている。

もしくは、ダウンロードができる。

ということは、いつでもどこでもゲームに没頭できる。


日本はいわずとも、ゲーム新興国。

世界に誇るゲーム大国であります。


たかが携帯のゲームと侮るなかれ、

今や、プロ野球球団を所有できるほど成長した

携帯ゲーム販売会社もあります。

そう、出会い系紛いのコミュニティサイトの先駆者ガ

プロ野球球団を持てるのであります。


この携帯ゲームのニーズはとんでもないニーズで

あります。


いや、ちょっと待てよ‥・

ところで、本当に携帯電話は必要か?

本当に孫正義は日本に必要なのか?

実のところ、経済が良くないのは

携帯ばっかいじってる社会人が

きちんと仕事をしてないからなのでは?

携帯電話で世界が平和になるのか?

携帯ゲームも原発も現代の負の遺産なのでは?

本当は

知らずに、携帯電話依存症
になっているだけではないですか?








posted by T-STUDIO at 22:22| 青森 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。