2012年02月24日

少子高齢化と言われてるが

20127.jpg
少子高齢化・・・


 毎日国会で飛び交う言葉であります。



では、そもそもなぜ今少子化なのでしょうか?


@少子高齢化原因〜格差社会
b_bun_kakusa_2.gif

私たちが生きるこの社会は

世界的経済競争も影響し

必ずしも安定した生活が

保証されているわけではありません。


私は地方の八戸市の住民ですが

公務員以外の民間の大半の方は

生活が苦しい家庭が多いのかと

思います。

まして、最近は民間と公務員の格差が

かなり顕著に開いていると

感じるようになりました。

格差が発生するタイミング WIKIPEDIAより

格差は、人生のなかで主に3つの段階で発生する。

 1.就職のタイミング

 2.出産のタイミング

 3.高齢化のタイミング

格差には、上位層がますますよくなる『上離れ』、と
下位層がさらにおちこむ『底抜け』(ワーキングプア)
がある。
このうち『底抜け』の増加が、
社会に与える不安が大きくなります。

『底抜け』層は
 ●収入が低い
 ●努力が報われないと思う
 ●未来に希望が持てない
この層の増加は
社会の活力が失われたり
犯罪の増加などにより
社会が不安定化する。
この社会の活力の低下、不安定化により

若い世代の大半の女性が子供を
生みたくないと本能的に

感じ取っているのではないでしょうか。

まして、人と人が警戒しあっている世の中で
子孫を増やすということ自体が
リスクとして顕在化してること
ではないでしょうか。
これは
守るべきものができることでもあると同時に

すべて築いたものを失う可能性が

できるということでもあります。
そんな、ハイリスクな子育てを自己中心的時代に
自ら買って出る人は増えるのでしょか?????


・・・書いていて疲れたので、また後日書き足します








posted by T-STUDIO at 22:48| 青森 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。